不思議の国のアリク

photo © i-Mesh
designer Francesca Molteni, Margherita Palli

2人の若き才能ある建築家、アリス・グラミーニャとジャンルーカ・チェザーナが手がけた、照明をダイナミックに使用したインスタレーション。i-Meshはアートの中に溶け込みながら、光と影を遊ばせる多彩な機能を備えたパーテーションの役目を果たしました。

フランチェスカ・モルテーニとマルゲリータ・パッリが屋外で制作した仮設インスタレーションは、アリクの世界を舞台にしたアリスの旅。ミラノのアリク・カヴァリエーレ芸術センターの敷地内にあるこの展覧会は、ルイス・キャロルの物語の名作を彷彿とさせる場面の迷宮となっています。時を刻む時計、鏡に映った人物、そしてカヴァリエーレの象徴的なねじれた彫刻が道や障害物を作り、装飾的なメッシュの垂直面は、想像上の庭のイメージを投影するスクリーンとして機能しています。

使用メッシュ
不思議の国のアリク
不思議の国のアリク

関連事例:

/
/
jpn
©S. I. Srl. All rights reserved.