現代タペストリー展

photo © Sirio Vanelli
designer various authors

長年の研究の末、芸術の世界へと進出したアルベルト・フィオレンツィのタペストリーコレクションは、デザインウィーク2018に参加し、ミラノ北部の新興地域、流行の発信地でもあるNoLOエリアにおいて、老舗製菓店コヴァの魅力的なポスト・インダストリアルな空間とコラボレーションしました。

それは、糸がテクスチャーになり、新しい素材になり、ファサード、カバー、アクセサリー、スクリーン、ガジェットのための技術的なファブリックになるという無限に広がる物語です。流動的で、柔軟性があり、象徴的な、アートオブジェやプロジェクト、建築、デザインすべてになり得る素材、それがi-Meshです。創始者アルベルト・フィオレンツィの感性は、パフォーマンスの世界から借り受けた素材の物語として、再変換され、純粋で絶対的なものとなり、形と創造に対して裸にされ、意味的な未来の糸でクリスティアーノ・トラルド・ディ・フランチャと彼の主宰するスーパースタジオの歴史と経験へと結びつきました。

「クリスティアーノは、彼がスーパースタジオで地面と空に等しく配置された無限の表面を仮定していた時に考えていたのと同じように、プロジェクトの現実と一緒にターゲットを推論し、認識していたのです」とアルベルト・フィオレンツィは説明します。i-Meshが人々と文化を結びつけるように、視覚的にも概念的にも親和性があり、世界そのものを供給し、この地球をコミュニケーションの場にしているニューラルネットワークのようなものなのです。こうしてスーパースタジオ・ヒストグラムはi-Meshの世界へと進化しました。そのテーマは、時に装飾的であり、常に技術的であり、人々の文化的遺産と更新される千年単位の伝統の永続性を証明しています。

長年の研究の末、芸術の世界へと進出したアルベルト・フィオレンツィのタペストリーコレクションは、デザインウィーク2018に参加し、ある特別な場所で華々しいデビューを飾りました―その場所とは、ミラノ北部の新興地域、流行の発信地でもあるNoLOエリアにある、老舗製菓店コヴァの魅力的なポスト・インダストリアルな空間です。この場所はアルコヴァの経験と概念的に近接しており、ジョセフ・グリマによるアートディレクションや、スペース・キャビアとスタジオ・ヴェデットのキュレーションなどが行われる、洗練されたワークショップのような国際的なフオーリ・サローネです。回廊を含む広大な空間には、無秩序でありながら、何かをこちらに問うてくる密林のように―それは織物の本質ともいえる形で―i-Meshのタペストリーが展示され、刹那的でありながら、強いメッセージ性を伴う変幻自在な空間となりました。これは生活と現代住宅のテーマに関連した意味と機能を探ろうと努める、すべてのデザインプロジェクトや機関、アートギャラリー、アバンギャルドな企業などの間で、オープン/クローズドに行われた難解なコンテキストでありました。

使用メッシュ
デザイン:Morellet /ファイバー:グラスファイバー
現代タペストリー展
現代タペストリー展

関連事例:

/
/
jpn
©S. I. Srl. All rights reserved.