ミラノ・サローネWalter Knollブース

photo © Walter Knoll
designer Ippolito Fleitz Group

"このプレゼンテーションのために特別に開発されたカーボンファイバー製の黒いカーテンで空間が区切られており、光と透明感があり、流れるような、そして同時に家庭的な展示を可能にしています。神秘的な素材そのものが、すぐに人々の好奇心を刺激します。イッポリート・フライツ

ここでは、Walter Knollブランドのデザイナーであるイッポリート・フライツ氏が、ミラノ・サローネ国際家具見本市の後、快く引き受けてくれたインタビューをご紹介します。

「展示セットの基本的な内部構造は、様々なエリアのテーマが蛇行しながら連続していることです。この展示会のために特別に開発されたカーボンファイバー製の黒いカーテンで空間を区切ることで、明るく、透明で、流れるような、そして同時にどこか親しみやすい展示を可能にしています。神秘的な素材は、すぐさま人々の好奇心を刺激してくれます。来場者がカーテンの折り目に対して直角に立つと、カーテンはほぼ完全に透明に見えますが、それ以外の角度から見ると、その背後にあるものはほとんど見えません。他の角度から見ると、カーテンの背後にあるものはほとんど隠されています。」


使用メッシュ
i-Mesh WK C 100
ミラノ・サローネWalter Knollブース
ミラノ・サローネWalter Knollブース

関連事例:

/
/
jpn
©S. I. Srl. All rights reserved.